後発医薬品カルバトール.NAVI

カルバトールでてんかん症状の発症を抑える

カルバトールはてんかん症状の発症を抑えるために生まれた薬です。てんかん症状とは、主に失神や手足の震えといった症状が出現する病気で、大発作と精神運動発作、そして精神疾患において見られる精神状態の異常を発症させる疾患の事を言います。てんかんの場合、最悪の場合では意識消失から舌を飲み込み窒息したり、転倒や事故死などが起きる可能性があり、適切な服薬管理が必要な疾患だといえます。
そのようなてんかんですが、治療薬としてカルバトールがあります。この薬は、テグレトールのジェネリック医薬品として開発されました。脳神経や末梢神経に存在しているイオンチャネルの一種、Naチャネルの活動を阻害することで、活動電位の立ち上がりを阻害する事で、先に述べた大発作や精神運動発作、精神疾患に近い異常症状の発症を防ぐ薬効を発揮します。なお、Naチャネルはてんかんだけでなく様々な疾患に関連している物で、作用する場所は異なりますが、不整脈の治療にも使われる事で知られています。なお、カルバトールはてんかん症状だけではなく、認知症によって生じる物盗られ妄想や徘徊、幻覚等を代表としたBPSDと呼ばれる周辺症状や、気分障害の中の一つとして知られる双極性障害などを抑える効果があります。また、神経のNaチャネルに作用する薬なので、三叉神経痛の疼痛緩和効果を持つとされています。
そのようなカルバトールは非常に便利な薬です。その一方で、薬自体の効果が強く、様々な副作用が生じるとされています。神経の活動をある意味、穏やかにするため眠気などを生じる場合や、神経系の変調による倦怠感、さらに悪心などが見られる事があります。医師の処方によって導入する事が絶対の薬であるという事は理解しておきましょう。