後発医薬品カルバトール.NAVI

カルバトールはてんかん発作の予防や精神疾患に良い

カルバトールは、脳神経の興奮を抑えて、てんかんの発作を予防する薬です。特に部分発作に効果が高く、さまざまな運動症状や感覚異常、自律神経失調、精神変調、無反応などに効きます。全般発作では大発作(強直間代発作)には効果がありますが、短時間気を失う欠神発作、力が抜けて転んでしまう脱力発作、手足がぴくつくミロクロニー発作には効果がないと言われています。

てんかんの発作予防だけでなく、カルバトールには脳神経を鎮める働きもあるため、躁うつ病や躁病の治療にも使われています。気分の高ぶりを抑えて興奮状態を鎮めたり、市心疾患による不安や緊張をほぐす効果があります。

他に三叉神経を鎮める働きもあるため、三叉神経痛の緩和にも使用されています。三叉神経痛の特徴である発作性激痛が起こりにくくなります。半数以上の人に有効ですが、徐々に効き目が悪くなることもあります。
さらに最近では、アルツハイマー病などの認知症に関係する症状、特に抗精神病薬が効かない精神病症状や焦燥性興奮などにも使用されています。

カルバトールは、てんかん発作を抑えるテグレトールという薬のジェネリック医薬品です。先発薬のテグレトールは厚生労働省の承認がおりていますが、カルバトールには承認がおりていません。そのため、処方は保険適用外になります。

カルバトールの主な副作用は、眠気、めまい、倦怠感、頭痛、吐き気、口の渇きなどです。人によっては発疹が出ることもあります。発疹は重症な皮膚障害や全身性の過敏症状につながる恐れもありますので、発疹が出たら受診するほうが良いでしょう。
また、カルバトールをてんかんの予防として服用している場合、自分の判断で急に中止すると、反動で重い発作を起こしてしまうことがあります。医師の指示に従って、用法や用量を守り、規則正しく飲むことが重要です。